新井平伊 医師 (あらいへいい)

順天堂大学医学部附属順天堂医院

東京都文京区本郷3-1-3

  • メンタルクリニック
  • 診療科長、主任教授
  • 順天堂大学医学部精神医学講座 教授/順天堂大学越谷病院院長代行

精神科 心療内科 老年科

専門

精神医学全般、老年精神医学、コンサルテーション・リエゾン精神医学、若年性アルツハイマー病専門外来

新井平伊

85歳以上の3割がかかる、頻度の高い疾患・認知症。新井平伊医師は『アルツハイマー病研究者 世界トップ100』の38位に選出された研究者でもある。日本で唯一の若年性アルツハイマー病専門外来での診療にもあたる。そのモットーは患者が抱える恐怖や不安に寄り添い、支えること。「認知症になったらもうお終いだ…という概念を打ち破りたい」という。力強く語る認知症の名医は、病気の治療だけでなく、患者とその家族への生活における支援もとても大切にしている。

診療を受けるには

若年性アルツハイマー病専門外来は完全予約制(HPを参照しFAXにて申し込む)。紹介状はあったほうが望ましい。新井医師の診察は月曜の午前(再診)、午後(初診)、火曜の午前(若年性アルツハイマー病専門外来)

医師プロフィール

1953年生まれ
1978年 順天堂大学卒業、同大学院、東京都精神医学総合研究所主任研究員、順天堂大学医学部講師を経て
1997年より現職
1999年 我が国で唯一の「若年性アルツハイマー病専門外来」を開設

所属学会

日本老年精神医学会理事長、日本認知症学会理事、国際老年精神医学会(IPA)理事

主な著書

『アルツハイマー病のすべてがわかる本』(2006年 講談社)
『最新アルツハイマー病研究』(2001年 ワールドプランニング)
『アルツハイマー病のクリニカルパス』(ワールドプランニング)
(更新日:2014年5月26日)

同じ疾病を専門とする医師一覧