秋山治彦 医師 (あきやまはるひこ)

横浜市立脳卒中・神経脊椎センター

神奈川県横浜市磯子区滝頭1-2-1

  • もの忘れ外来、臨床研究部
  • 部長

内科 神経内科

専門

神経内科学、神経病理学。認知症疾患、特にアルツハイマー病等についての臨床と研究

秋山治彦

秋山治彦医師は、京都大学を卒業後、神経内科にて、老化に伴う脳病変の病理学的研究を始める。以後、カナダ・ブリティッシュコロンビア大学留学を経て1991年から東京都精神医学総合研究所にて、アルツハイマー病、レビー小体病、前頭側頭葉変性症等の認知症をきたす神経変性疾患の病理・病態解明研究を行う。2014年から日本認知症学会理事長を務め、日本の認知症研究を牽引する存在でもある。横浜市立脳卒中・神経脊椎センターに2016年4月に開設された認知症専門外来「もの忘れ外来」では、実際に患者さんと接し、地域医療の推進にも力を入れる。

医師プロフィール

1980年3月 京都大学医学部 卒業
1980年6月 京都大学医学部老年科神経内科 研修医
1981年7月 関西電力病院内科 医員
1983~87年 京都大学大学院医学研究科内科系神経内科 大学院生
1987年4月 カナダ・ブリティッシュコロンビア大学 客員研究員
1990年6月 京都大学医学部神経内科 医員
1991年4月 東京都精神医学総合研究所(現・東京都医学総合研究所)副参事研究員
2005年4月 同 参事研究員
2016年4月 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター臨床研究部 部長
(更新日:2016年12月13日)

「認知症」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会