リッサウイルス感染症〔りっさういるすかんせんしょう〕

 狂犬病ウイルスはリッサウイルスに含まれますが、主としてヨーロッパ、オーストラリア、アフリカに分布している、狂犬病ウイルス以外のリッサウイルスによる感染症をいいます。感染は本ウイルスを保有する野生のコウモリとの接触によると考えられています。ちなみに日本で最後の狂犬病患者はコウモリの洞窟を探検調査した動物学者でした。
 治療法はなく、頭痛、発熱、倦怠(けんたい)感で始まり、恐水(水をこわがる)症状、精神錯乱などの中枢神経症状があらわれ、通常は発症後2週間以内に死亡します。
医師を探す