知覚鈍ま

 知覚神経のどこかに病変や障害があると、それに応じて視力、聴力、味覚、嗅覚などの感覚がおかされ、感度がにぶくなったり、しびれたり、痛んだりします。病気としては、知覚障害、視力障害、手足のまひなどの症状をくり返すことが特徴的な多発性硬化症。さわった感じはわかるが温覚や痛覚が障害される脊髄空洞症、バランス感覚や排尿の障害を伴う脊髄癆(ろう)や梅毒があります。多発神経炎では、筋力の低下も伴います。

■知覚鈍ま
症状病名そのほかの症状など
知覚鈍ま多発性硬化症くり返す症状、視力障害、手足のまひ
脊髄空洞症さわった感じはわかるが温かさや痛みがわからない、筋力の低下
脊髄癆バランスの障害、排尿障害
梅毒陰部のしこり・潰瘍、バランスの障害、排尿障害
多発神経炎筋力低下