脈拍の変化

 通常、医師は脈拍を手くびの動脈で調べますが、はっきりしない場合は頸(けい)部などの太い動脈をみます。自分でもいつでも脈を調べられるように、ふだんから確かめておくとよいでしょう。頸動脈を軽く押さえてみれば、わかりやすいと思います。
 激しい運動をしたときや、緊張したとき、おどろいたとき、熱い風呂に入ったとき、食事をしたときなど、誰でも脈拍が速くなりますが、間もなくもとに戻ります。安静にしているときの脈拍数は、成人では1分間に70回程度ですが、加齢とともに少なくなる傾向があります。また、スポーツマンも、安静にしているときは脈拍数が比較的少なくなります。

 ふつう、発熱すると脈の数もふえます。したがって、急性の感染症では一般に脈拍が速くなります。平熱であっても、呼吸器や心臓に異常があると脈がふえることがあります。肺の病気で低酸素血症になる場合や、頻拍性不整脈、心臓弁膜症、心筋梗塞、心筋疾患などが原因となります。出血や貧血でも脈がふえ、毎分100回以上の頻脈という状態がしばしばみられます。
 逆に、脈拍数が少なくなる場合があります。毎分50回以下を徐脈といい、ひどい痛みや嘔吐(おうと)のときにも脈が少なくなることがあります。不整脈のなかでも、心臓ブロック(心臓を動かす信号が乱れる病気)や洞不全症候群(心臓のリズムを調節する洞結節のはたらきが不十分になる病気)では、脈が少なくなります。心拍が数秒以上停止すると失神や脱力したりします。
 また、高血圧などで心臓のはたらきがわるくなると、期外収縮、心房細動、心房粗動などの不整脈を合併して、脈のリズムが乱れることがあります。不規則な脈は、コーヒーや酒を飲むこと、喫煙でも起こることがありますが、心臓のはたらきがわるくない人では危険がないことが多いため、病気がないかどうかを調べ、必要に応じて適切な治療を受けることが重要です。

■脈拍の変化
症状病名そのほかの症状など
脈が速い、発熱あり肺炎せき・たん、発熱、疲れやすい、胸痛、食欲がない、息切れ
心筋炎胸痛
感染性心内膜炎発熱
麻疹(はしか)口腔内や舌の白い斑点、全身の発疹、発熱、のどの痛み
猩紅熱発熱を伴う発疹、悪寒、いちご舌
日本脳炎発熱、頭痛
マラリア周期的・回帰的な発熱、海外旅行後
ジフテリアのどが苦しい
髄膜炎発熱、頭痛、嘔吐、意識障害・失神、吐き気
脈が速い、発熱なし慢性気管支炎たんを伴うせき、労作時の息切れ
肺気腫息切れ、せき・たん
間質性肺炎意識障害・失神、からせき、息切れ
発作性上室頻拍めまい、胸部異和感
心不全疲れやすい、血たん、むくみ、食欲がない、息切れ、冷え
心臓弁膜症呼吸困難、息切れ、むくみ
先天性心疾患青紫色(チアノーゼ)、むくみ、息切れ
心筋梗塞動悸、激しい胸痛、食欲がない、息切れ、むくみ、冷や汗
心筋症息切れ、むくみ
収縮性心膜炎腹水がたまる、下肢のむくみ、息切れ
バセドウ病動悸、やせ、甲状腺のはれ、眼球突出、多汗
貧血疲れやすい、めまい、蒼白(顔いろ)、食欲がない、息切れ
中毒全身のけいれんや運動まひ
脚気ビタミンB1欠乏、アルコール依存、だるい
低血圧症眠け、だるい、めまい、意識障害・失神
脈がおそい房室ブロックめまい、息切れ
洞機能不全症候群めまい、息切れ、意識障害
腸チフス発熱、発疹、頭痛、意識障害・失神
脈が乱れる期外収縮動悸
心房細動動悸、息切れ
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会