出血傾向

 なにかにぶつかった覚えもないのに、皮膚に内出血ができたり、鼻血がくり返し出たり、歯がわるくないのに歯みがきで出血したり、女性で生理の出血がとまらなかったりすることがあります。このように、出血しやすく血がとまりにくい原因には、大きく分けて、血管に問題がある場合と、血小板(血液の成分)に問題がある場合、肝臓でつくられる凝固因子(血をとめる成分)に問題がある場合があります。
 多いのは老人性紫斑(しはん)病で、血管の壁が弱くなり、高齢者の手の甲、前腕(ひじから先)、および下腿(かたい:足)に出血斑(青あざ)がみられます。この場合は、心配はありません。鼻出血だけの場合は、通常は鼻の粘膜の細い血管が切れたものが多く、必要ならば耳鼻科で治療を受けます。中年や高齢者では、高血圧の人に鼻出血がみられます。
 子どもに起こる、血管に問題のある出血傾向の原因として、ビタミンCの欠乏による壊血(かいけつ)病があります。特に人工栄養では注意が必要です。アレルギー性の病気でも、出血斑がみられることがあります。
 血液の凝固が不十分で出血しやすくなる病気には、血小板減少性紫斑病や、先天的に血が固まりにくい血友病があります。また、薬物中毒、肝臓の病気、白血病などの血液の病気や、放射線障害などでも起こります。
 出血傾向の原因には重大な病気が多いので、早めに診察を受けましょう。また、血縁者に同様の症状の人がいないかを調べておきましょう。女性の不正性器出血については、「各部位の症状——女性性器の異常」をご覧ください。

■出血傾向
症状病名そのほかの症状など
血管に原因壊血病ビタミンCの欠乏、皮下の点状出血、歯ぐきからの出血
血管性(アレルギー性)紫斑病四肢の米粒大の紫斑、上気道感染後
血液に原因血小板減少性紫斑病皮下出血、鼻出血、血便
血友病大きな紫斑、歯肉出血、関節内出血、遺伝性
薬の服用、舌のしびれ、皮下出血、鼻出血、不随意運動
肝硬変黄疸、腹水、息切れ、吐血、食欲不振、疲れ
白血病歯ぐきからの出血、鼻血、貧血、皮下出血、息切れ
敗血症発熱、頭痛、さむけ、動悸
放射線障害皮膚の潰瘍、白血病、白内障



関連ニュース


横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会