尿が少ない

 腎臓は、体内でできた老廃物や不必要なものを尿として体外に出しますが、同時に体液の量と質を一定に保つようにはたらきます。したがって、尿として出された液体は、体内の不要物質を含むと同時に、その量はからだの必要に応じて増減します。
 1日の尿量は、健康な成人では1500mL程度ですが、暑いときや運動して汗をかき、水分を飲まなければ減ります。1回の尿量は200~400mL程度ですので、回数は1日に5回前後がふつうです。尿量が少ないと、尿をためる膀胱(ぼうこう)が刺激を受けず、排尿回数が減ります。
 腎臓のはたらきが低下した腎不全の末期となると、尿がほとんど出なくなります。また、腎臓に異常がなくても、尿道に石がつまったり、排尿を起こす神経に障害が生じたりすると、尿が膀胱にたまっているのに出ない状態も起こります。そうした場合、尿道から細い管を入れて、尿を出す必要があります。
 尿量が異常に少なくなる病気としては、急性腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全の末期、肝硬変、うっ血性心不全、多量の出血、やけど、熱中症、膀胱がん、尿道結石、尿道狭窄、脱水症などがあります。

■尿がすくない
症状病名そのほかの症状など
尿をつくれない急性糸球体腎炎発熱、顔のむくみ、血尿
慢性腎臓病むくみ、倦怠感、尿が少ない、食欲がない
肝硬変黄疸、腹水、出血傾向、息切れ、吐血、食欲不振、疲れ
うっ血性心不全動悸、息切れ、体重増加
からだの水分が少なすぎて尿がつくられない多量の出血息切れ、めまい
やけど発赤、痛み、水疱
熱中症意識障害・失神、のぼせ、頭痛、吐き気
尿を出せない膀胱がん排尿時の痛み、血尿、尿が出にくい
尿道結石血尿、痛み
尿道狭窄痛み