土屋明弘 医師 (つちやあきひろ)

船橋整形外科病院

千葉県船橋市飯山満町1-833

  • 副院長
  • 東京女子医科大学整形外科 客員教授(整形外科学)

整形外科 外科

専門

膝関節、足関節、股関節疾患の治療を専門とし、とくに膝関節の関節鏡視下手術を得意とする。

土屋明弘

土屋明弘医師は、膝関節、足関節、股関節疾患治療のスペシャリストで、関節鏡視下手術は通算5,000例を超える。年間200~300例の関節鏡視下手術を行う。ハーバード大学に留学しスポーツ医学、関節鏡視下手術の研究に取り組み、帰国後、オリジナルな手術法として股関節の関節鏡視下修復術、膝関節では外側支持機構再建術、足関節では距骨離断性骨軟骨炎に対する関節鏡視下骨接合術を行い、世界で初めて報告した。現在、船橋整形外科病院副院長であり、スポーツ医学・関節センターの下肢スポーツグループを率いている。2004年から5年間、Jリーグ 柏レイソルのチームドクターを務め、 現日本スケート連盟医事委員会選手強化部会員として 選手の障害治療とその予防に努めている。2009年より日本スケート連盟の強化部員となりソチオリンピックでのフィギュアスケート村外合宿の日本チーム帯同ドクター、また年よりラグビートップリーグNTTComのチーフチームドクターなどを務めている。

診療を受けるには

同院外来では、火曜の午前(受付時間8:30~11:30)、水曜の午後 (3:30~6:30)、金曜の午前を担当。全て完全予約制。

医師プロフィール

1981年 千葉大学医学部 卒業、千葉大学医学部整形外科入局
1991年 千葉大学医学部整形外科助手、米国ボストンのハーバード大学に留学 (スポーツ医学、関節鏡視下手術の研究)
1996年 千葉大学医学部整形外科講師
1996年 川崎製鉄千葉病院整形外科部長として赴任
2002年 川鉄千葉病院より船橋整形外科病院スポーツ医学センターに移る
2004年~2009年 Jリーグ『柏レイソル』のチーフチームドクターを務める
2009年~NTTComのチーフチームドクター、日本スケート連盟強化委員、副部長
2010年 NPO法人千葉県スケート連盟理事
2016年 船橋整形外科病院 副院長

所属学会

日本整形外科学会専門医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本整形外科認定スポーツ医、千葉県体育協会医科学委員、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会評議員、日本臨床スポーツ医学会評議員、日本整形外科スポーツ医学会評議員、股関節鏡研究会世話人

主な著書

『膝の鏡視下手術 (ゼロからマスター)』(2009年メジカルビュー社)
(更新日:2019年11月23日)

同じ疾病を専門とする医師一覧