池上博泰 医師 (いけがみひろやす)

東邦大学医療センター大橋病院

東京都目黒区大橋2-17-6

  • 整形外科
  • 教授
  • 東邦大学医学部整形外科学講座(大橋) 教授

整形外科 リウマチ科 外科

専門

肩・肘・手外科、関節リウマチ、スポーツ整形外科 、上肢の骨折、上肢の外科(肩関節外科、肘関節外科、手外科など)

池上博泰

肩・肘・手外科、関節リウマチ、スポーツ整形外科、上肢の骨折のスペシャリスト。整形外科では、2012年4月に開設された肩・肘・手の外科外来を担当する。池上博泰医師のように、肩関節の専門医でかつ同時に手外科も同時に専門に診療する医師はわが国には数が少ない。同科外来は、上肢(肩・肘・手・指)全体を一つの運動ユニットと捉えて診療にあたっているのが特徴。そのために池上医師は、上肢全体が罹患するような関節リウマチや変形性関節症などの手術が多い。日本骨折治療学会学会賞など受賞歴多数。NHKの「名医にQ」、「きょうの健康」などテレビ出演の依頼も多い。

診療を受けるには

池上医師の外来診療は、火曜の9:00~14:30。初診時は要予約、要紹介状。初診時の待ち時間は約1~2時間。

医師プロフィール

1985年3月 慶應義塾大学医学部 卒業
1985年5月 慶應義塾大学医学部整形外科学教室に入局
1994年9月 ハーバード大学留学
2004年4月 慶應義塾大学整形外科講師
2011年10月 慶應義塾大学整形外科准教授
2012年4月 東邦大学医学部整形外科(大橋)准教授
2013年4月 同教授

所属学会

日本整形外科学会専門医、日本手外科学会専門医、日本手外科学会理事・代議員、日本肘関節学会評議員、日本肩関節学会評議員、日本骨折治療学会評議員、日本関節病学会評議員、日本小児整形外科学会評議員、日本人工関節学会評議員

主な著書

『整形外科専門医を目指すケース.メソッド・アプローチ3 骨・関節疾患』(1997年 日本医事新報社)
『外来全科痛み治療マニュアル第2版』(2004年 三輪書店)
『症例から学ぶ肩疾患 part 3』(2004年 金原出版)
『アトラス四肢骨折治療マニュアル上』(2003年 全日本病院出版会)
『今日の整形外科治療指針第5版』(2004年 医学書院)
『症例から学ぶ肩疾患 part 2』(2003年 金原出版)
『症状からみる糖尿病性神経障害』(日本ベーリンガーインゲルハイム)
(更新日:2018年2月27日)

同じ疾病を専門とする医師一覧