永澤雷太 医師 (ながさわらいた)

医療法人社団 ながさわ整形外科

北海道函館市石川町457-2

  • 理事長

整形外科 外科

専門

肩関節外科、スポーツ外傷、肩関節鏡、肩関節形成術

永澤雷太

2002年、函館五稜郭病院勤務時代に北海道南初の肩専門外来を開設。中高年の肩の痛みやスポーツ選手の肩の痛み、肩周囲の外傷に幅広く対応している。患者数は年々増加し、技術と経験を必要とする関節鏡視下肩関節手術では現在全国でもトップクラスの手術件数を誇る。整形外科を受診しても「五十肩」や「使いすぎ」で片づけられてしまう肩の治療について正しい知識を啓蒙することに力を注ぎ、子供から大人まで多くの患者が永澤雷太医師を訪れている。国内では出来ない屍体を使った関節鏡手術の指導を海外で行うなど活動の場は日本に留まらない。永澤医師自身も肩関節脱臼骨折、鎖骨骨折等を経験し患者としての痛みや苦悩を経験した。現在も可能な限り時間を見つけてスポーツ活動を行っている。「患者はすべて自分の家族と思って治療する」が信条である。
12年間勤務した五稜郭病院を退職し、2014年4月よりながさわ整形外科を開業。

診療を受けるには

【受付時間】午前 月曜(8:00~11:00)、水曜(8:00~10:00)。午後:月曜(14:00~16:00)、火曜・木曜・金曜(12:00~14:00)。夜間:火曜・木曜・金曜(16:00~18:30)。詳細はクリニックHPにて要確認

医師プロフィール

1996年 山形大学医学部卒業
1996年 札幌徳洲会病院
2000年 川鉄千葉病院
2001年 札幌医科大学付属病院
2002年 函館五稜郭病院
2014年 ながさわ整形外科開業

所属学会

日本整形外科学会整形外科専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本体育協会認定スポーツ医、日本肩関節鏡研究会推薦医、日本ハンドボール協会医事専門委員、全日本女子ハンドボールチームドクター

医師発信欄

ながさわ整形外科HP: http://naga-sei.byoinnavi.jp/pc/
(更新日:2019年12月2日)

同じ疾病を専門とする医師一覧