松浦哲也 医師 (まつうらてつや)

徳島大学病院

徳島県徳島市蔵本町2-50-1

  • 整形外科(脊椎関節機能再建外科)
  • 特任教授/副科長

整形外科 外科

専門

スポーツ医学

松浦哲也

松浦哲也医師は小・中・高校生の野球選手の治療が専門。大会現場に出向き、毎年1,800名あまりの小学生選手に、問診(学年、ポジション、野球歴、疼痛の有無等)、診察(可動域、圧痛、ストレス痛)、エコー検査(離断性骨軟骨炎の有無)などを行っている。「野球肘」の診療経験は豊富で、超音波、X線、CTといった画像診断装置を駆使して、的確な診断をもとに治療している。発育期の自然修復力をいかした保存療法が治療の主体であり、手術する場合には侵襲の少ない関節鏡手術を多用している。

医師プロフィール

1993年 徳島大学医学部 卒業
2002年 徳島大学助手、病院
2003年 米国ピッツバーグ大学留学
2005年 帰国
2008年 徳島大学病院整形外科 講師
2014年7月 徳島大学病院整形外科 准教授
2017年10月 徳島大学病院整形外科(脊椎関節再建機能外科)特任教授
(更新日:2017年10月3日)

「スポーツ整形外科」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会