吉矢晋一 医師 (よしやしんいち)

兵庫医科大学病院

兵庫県西宮市武庫川町1-1

  • 整形外科
  • 診療部長

整形外科 外科

専門

関節外科、スポーツ医学を専門とし、半月板損傷、十字靭帯損傷、軟骨損傷など膝関節の治療

吉矢晋一

吉矢晋一医師は、スポーツ外科、関節傷害を専門とし、膝半月板・靭帯・関節軟骨損傷、スポーツ障害、変形性膝関節症治療の名医として全国に知られる。同院整形外科の診療部長を務め、鏡視下手術に積極的に取り組むほか、先進のナビゲーションシステムを導入した手術法など低侵襲でかつ精密で正確な手術により患者負担の軽減と術後の早期回復を図る。骨髄間葉系細胞を用いた靭帯の再生に関する研究などに取り組み、膝半月板損傷・靭帯損傷に対する次世代の治療法の開発にも貢献する。

診療内容

同院整形外科では外傷、一般整形疾患のほか、膝関節スポーツ障害に対する鏡視下手術、上肢スポーツ障害、関節リウマチ、変形性関節症に対する人工関節手術、脊椎外科、骨軟部腫瘍、小児整形など多岐にわたる症例を治療している。吉矢医師は同科の診療部長を務め、先進の治療法を積極的に導入し、関節鏡による手術などで侵襲をできるだけ少なくすることで患者の負担を軽減し、術後もスポーツや日常生活にできるだけ早く復帰できるよう図っている。同科の特徴的な治療は吉矢医師が担当する膝関節障害に対する鏡視下手術、靱帯再建術をはじめ、上肢の靱帯損傷に対して同科が独自に開発したスクリューによる再建、良性骨腫瘍に対する鏡視下手術のほか、慢性関節リウマチ、変形性関節症に対する人工関節置換術、ナビゲーションシステムを用いた人工関節置換術などがある。さらには最小侵襲手術(ヘルニアに対する顕微鏡視下椎間板切除等)や長期透析患者に対する関節、脊椎再建術、創外固定を用いた四肢変形矯正、骨盤骨切り術(臼蓋形成不全に対する)、大腿骨回転骨切り術(大腿骨頭壊死に対する)、股関節鏡視下手術(FAIに対する)等があげられる。
こうしたさまざまな疾患に対して、同科では大きく4つのグループに分かれて治療・研究を行っている。関節(下肢)グループ、手の外科(上肢)グループ、脊椎グループ、腫瘍グループの4つで、これらのグループにそれぞれオーバーラップする形でスポーツ整形外科(上肢・下肢)、リウマチ関節外科などの専門分野があり、それぞれ専門のエキスパートが治療にあたっている。
吉矢医師は関節(下肢)グループを率い、スポーツ整形外科をはじめ、関節リウマチ、変形性関節症、骨粗鬆症、透析性関節症、大腿骨頭壊死症等の診療に当たっている。とくに半月板損傷、十字靭帯損傷、軟骨損傷など膝関節のスポーツ障害の治療を得意分野とし、鏡視下の膝前及び後十字靱帯再建術、半月板縫合術、骨軟骨移植などの名医として名高い。
同グループは関西学院のアメリカンフットボール部やサッカーJリーグガンバ大阪、ラグビートップリーグ近鉄ライナーズのサポートも行って、トップアスリートの治療でも実績を積んでいる。膝の靱帯損傷は非接触型(スポーツ活動時のストップ、方向転換、ジャンプ、カッティング動作時などに発生)のよるものと接触型(ラグビー、フットボール、柔道等での他の選手との接触時に発生)との2種類があり、前十字靱帯損傷は非接触型が多く、後十字靱帯損傷はほとんどが接触型である。膝関節は主に4つの靭帯及び内・外側半月板で安定させていて、前十字靱帯と後十字靱帯は膝を前後に安定させる大事な役割がある。膝前十字靱帯が断裂すると突然の鋭い痛みとともに膝の力が抜けて体が支えられなくなる。腫れを伴うことが多いが、2~3週で腫れや痛みがおさまり、歩行や日常生活は可能となる。ただ、スポーツなどをすると膝の不安定感が顕著になり、再受傷を繰り返したり、関節がすり減って変形性膝関節症を引き起こす原因ともなる。スポーツ選手や日常生活に支障を来すような場合は断裂した靱帯を再建する膝前十字靱帯再建術を行う。断裂した靭帯はそのままでは元に戻らないので、膝の裏側にある屈筋腱の一部を切り取って移植する方法で、適切なリハビリにより、術後6ヶ月から9ヵ月後にスポーツ復帰が可能となる。 膝後十字靱帯損傷はスポーツ時の選手同士の接触のほか、交通事故で下腿前面を強打 (Dashboard injury) したり、スキーでの転倒で膝を前から強打したときなどに発生する。ただ、膝後十字靱帯損傷は膝靭帯損傷全体の5~10%と発生件数は少ない。膝前十字靱帯損傷ほど膝の不安定感が強く出ないこともあり、筋力訓練などの保存療法が主となるが、動揺性が強くて症状がある場合は靱帯再建術を行う場合もある。手術は膝前十字靱帯再建術と同じく、腱の一部を切り取って移植する。
半月板は膝関節の大腿骨と脛骨の間にあるC型をした軟骨様の板で内側・外側にそれぞれあり、消しゴムほどの硬さがあってクッションとスタビライザー(ねじれ防止装置)の役割を果たす。半月板の損傷により、膝の屈伸時の痛みや水(関節液)がたまったり、急に膝が動かなくなる“ロッキング”という状態になり、歩行困難になる場合がある。スポーツなどによる傷害のほか、加齢に伴う変性により、半月板がもろくなり、断裂しやすくなることが原因となる。半月板は血流が乏しい組織なので断裂した部分は自然治癒せず、そのまま放置すると、さらに関節軟骨を傷めることにもなるので多くの場合は断裂した部分を関節鏡視下で縫合する修復術や、引っかかっている箇所を中心に切り取る部分切除術が行われる。これら手術は関節鏡を使った鏡視下手術によって行われる。関節内で骨の表面を覆う軟骨の損傷に対しては、小範囲のものに対しては、骨に細いワイヤーなどで孔をあける手術が行われる。ただ、その手術により再生される軟骨は線維軟骨といわれ、正常の関節軟骨(硝子軟骨)とは異なる。正常な軟骨による修復のためには正常な軟骨をその下の骨も付けて柱状にした組織を移植する「骨軟骨移植術」を行う。これは膝関節の荷重関節面以外の部位から正常な軟骨を含む骨軟骨柱を採取・移植するもので、モザイクプラスティとも言われる。培養細胞による治療も試みられることがある。変形性膝関節症の治療はまず保存療法によって痛みや腫れなどの症状を改善させるが、症状が進行して歩行が困難になった場合は手術が適応される。手術療法には鏡視下手術、高位脛骨骨切り術、人工膝関節置換術がある。
半月板断裂を合併していたり、軟骨が剥がれて関節に挟まって痛みがあるような場合に鏡視下手術が適応となる。膝関節に直径5~7ミリ程度の孔を2カ所から4カ所開け、そこから関節鏡や手術器具を入れモニターを見ながら手術を行う。 高位脛骨骨切り術は、膝関節を悪化させる原因となるO脚を改善する手術で、脛骨(すねの骨)の上部の骨を切り、O脚を矯正する。人工膝関節置換術は骨を削って膝関節を人工関節に置き換える手術で、関節上下の大腿骨、脛骨の表面に金属でできた人工関節をかぶせて、セメントで固定する。関節の運動面には、超高分子ポリエチレンが挿入されて、金属とポリエチレンが摺れ合う形となる。
同院ではこうした人工膝関節置換術や人工股関節置換術に際し、リハビリテーション、投薬、検査、看護等すべての方面で入院から退院までの流れをスムーズに行えるよう独自にクリニカルパスを作成している。 このパスの特色は患者それぞれの病態や能力、年齢に応じて適時リハビリテーションの進行状況を早めることも遅らせることもできる。このクリニカルパスにより患者をはじめ医師、看護師、理学療法士、薬剤師など各担当間の横の連絡が非常に密になり、安全かつ速やかな治療を実現している。
吉矢医師は研究面においては「コンピュータ支援人工関節置換術の精度向上」「関節手術後のレントゲン、CT,MRI画像の解析」「センサーや光学マーカーを用いた膝関節3次元動作解析」「前十字靭帯損傷予防リハビリテーションプログラムの構築」「骨髄間葉系細胞を用いた関節軟骨再生医療」「靭帯、半月板損傷に対する細胞や人工材料を利用した再生医療の応用」などの研究を行っている。このような研究の発展が、現在行っている治療の成績向上や将来の新しい治療法の開発につながることが期待される。

医師プロフィール

2002年2月 神戸大学大学院医学系研究科運動機能学 助教授
2005年4月 兵庫医科大学整形外科 教授

「スポーツ整形外科」を専門とする医師