西良浩一 医師 (さいりょうこういち)

徳島大学病院

徳島県徳島市蔵本町2-50-1

  • 整形外科
  • 教授

整形外科 外科

専門

整形外科・スポーツ医学(腰痛)脊椎外科、得意分野は腰椎分離症全般・脊椎内視鏡手術・脊椎インスツルメンテイション

西良浩一

西良浩一医師は、2000年に、徳島大学整形外科で同県初の脊椎内視鏡による椎間板ヘルニア摘出術を執刀。続いて腰椎分離症の内視鏡手術を世界に先駆けて成功させるなど、患者負担の小さい内視鏡による手術法の確立に貢献してきた。現在は、究極の脊椎内視鏡PEDによる新しい治療法の開発・確立に取り組んでいる。また、スポーツ選手の腰痛治療にも内視鏡を中心とした低侵襲治療を応用しており、多くのオリンピック選手やプロ野球選手の診断と治療を行っている。

医師プロフィール

1994年 徳島大学大学院修士・博士(医学)授与
1995年 米国アイオワ大学脊椎センター留学
1997年 帰国、徳島大学整形外科医員
1998年 同・助手
1999年 同・講師
2003年 米国オハイオ州トレド大学脊椎センター&オハイオ医学総合大学(現トレド大学医学部)整形外科留学
2006年 帰国、徳島大学大学院運動機能外科講師復職
2008年 日本整形外科学会脊椎内視鏡手術・技術認定医(後方手技)に認定
2010年 帝京大学医学部附属溝口病院 准教授
2013年11月 徳島大学運動機能外科学(整形外科) 教授
(更新日:2018年2月27日)

「スポーツ整形外科」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会