近藤英司 医師 (こんどうえいじ)

北海道大学病院

北海道札幌市北区北十四条西5丁目

  • スポーツ医学診療科

整形外科 外科

専門

スポーツ整形外科 、膝関節外科

近藤英司

近藤英司医師は日本関節鏡・膝・スポーツ整形学科会(JOSKAS)に所属する、日本を代表するスポーツ整形外科医の一人。勤務する同院スポーツ整形外科医学診療科は、スポーツ医学に基づく先進的な関節外科治療を行なっている。特に膝靱帯靭帯再建術や人工膝関節置換術では国際的に有名で、研究面でもバイオメカニクス、組織工学、生体材料学、分子生物学を応用した多くの基礎研究及び臨床研究を世界に発信している。またプロ野球球団や各種の競技における社会人・学生チームのチームドクターを務めている。

診療内容

近藤医師はマラソンが趣味で、サロマ湖100キロウルトラマラソンにも出場するほどのランナーでもあり、同科では前十字靱帯損傷に対する解剖学的二重束再建術を世界で最初に確立した安田和則教授の右腕として活躍している。関節鏡による診断・治療、膝半月板損傷に対する保存治療、手術的治療、膝靱帯損傷に対する手術的治療(前十字靱帯再建術、複合靱帯再建術)、変形性膝関節症に対する手術的治療(人工関節、高位脛骨骨切り術)、リウマチ膝に対する手術的治療(人工関節、滑膜切除術)、膝軟骨損傷に対する手術的治療(マイクロフラクチャー、軟骨移植術)に精通している。近藤医師は「膝は年齢を問わず、人体でもっともいじめられている関節の一つです。そのために膝のけがや病気はとても多く、スポーツと関係なくても知らず知らずのうちに負担が掛かっています」と、膝の悩みは誰にも起こりうるものと指摘しつつ「多くの病態は新しい薬や大きく切らない内視鏡手術で治せます。 完全に壊れてしまった膝ですら正しい手術を受ければ、一生歩いて暮らせる時代です」とし、そのためにも膝の不調に気が付いたときは、手遅れにならないうちに専門医の診断と指導を受けることが必要だという。「スポーツ選手に限らず、膝関節の調子の悪い方や、高齢者で健康維持活動に支障をきたしている方など、どのような方でも診療していますので気軽に相談してください」との心強い言葉を頂いた。

医師プロフィール

1991年3月 帝京大学医学部 卒業
1991年6月 帝京大学付属市原病院 麻酔科
1993年4月 北海道大学医学部付属病院 整形外科
1994年4月 美唄労災病院 整形外科
1995年4月 北海道大学医学部 整形外科
1996年4月 釧路労災病院 整形外科
1997年4月 網走厚生病院 整形外科
1998年4月 名寄市立病院 整形外科
1999年4月 国立療養所札幌南病院 整形外科2000年4月 北海道大学病院 スポーツ医学診療科
2004年3月 北海道大学大学院医学研究科 大学院卒業
2007年9月 Department of Mechanical Engineering, Imperial College London
2008年10月 北海道大学病院 スポーツ医学診療科 助教授
2009年4月 北海道大学大学院医学研究科 機能再生医学講座 運動機能再建医学分野 講師
2014年1月 北海道大学大学院医学研究科スポーツ先端治療開発医学講座 特任教授

「スポーツ整形外科」を専門とする医師