手足の痛み

 手足、あるいは四肢の痛みは、単純な皮下組織の炎症、蜂巣(ほうそう)炎、爪周囲炎、静脈やリンパ管の炎症、腱鞘(けんしょう)炎、骨髄炎が原因となるものが多いです。手足に炎症がある場合、手足の付け根のリンパ節がはれ、押さえると痛みます。痛風は、手や足の指に尿酸がたまって炎症を起こし、激しい痛みを生じる病気です。特に男性に起こりやすく、多くは第一趾(し)の関節の発赤、腫脹、熱感で始まります。
 打撲、捻挫(ねんざ)、骨折、脱臼(だっきゅう)、腱断裂などの外傷があれば痛みます。筋肉痛や突き指は、日常しばしば起こります。炎症や外傷ではなく、骨の腫瘍でも痛みます。骨にがんが転移すると、ちょっとした原因でも骨折しやすくなります。
 スポーツする子どもに多くみられるオスグッド・シュラッター病では、膝部脛骨(しつぶけいこつ)の前面が痛みます。
 関節の痛みが急に起こることがあります。細菌感染による化膿(かのう)性関節炎が多く、子どもではリウマチ熱の部分症状として生じることもあります。リウマチ熱では、多くの関節が同時にはれて痛み、発熱が顕著です。インフルエンザや敗血症など、高熱の出る病気に伴って手足や関節が痛むこともあります。
 慢性的な関節の痛みは関節リウマチに多く、指、ひじ、ひざなど複数の関節が同時にはれて痛みます。朝起きたときに手がこわばるのが特徴です。また、変形性関節症は膝(ひざ)関節にしばしばみられます。
 手足へつながる動脈や静脈が狭くなったり閉塞したりすると、血液が十分に循環せず、痛みます。そのなかでも、糖尿病、高脂血症、高血圧や喫煙者に合併する下肢の閉塞性末梢動脈硬化症では、動脈が狭くなって血流が減少し、下肢が痛みます。この際、歩行時に痛みが増強し歩けなくなることもありますが、いったん休むとふたたび歩けるようになる特徴があり、このような症状を間歇性跛行(かんけつせいはこう)といいます。
 間歇性跛行が生じるほかの病気として、青壮年の男性によくみられるビュルガー病(閉塞性血栓性血管炎)では、下肢の安静時痛や難治性潰瘍もみられます。また、レイノー症候群、リンパ管炎、動脈塞栓症、血栓性静脈炎でも手足が痛むことがあります。
 神経痛は、末梢神経障害による痛みを意味します。臀部(でんぶ)から下肢のうしろ側にかけて痛む坐骨(ざこつ)神経痛がよく知られています。原因があきらかでないものもありますが、病気としては、帯状疱疹(たいじょうほうしん:ヘルペス)、糖尿病、中毒、腫瘍や骨による神経の圧迫、椎間板(ついかんばん)ヘルニアなどがあります。肺がんでは、腕の神経痛が起こることもあります。

■手足の痛み
症状病名そのほかの症状など
局所のはれに熱感を伴う急性蜂窩織炎皮下の発赤、腫脹
爪周囲炎爪周囲のはれ
骨髄炎深い傷、高齢者や糖尿病
痛風男性、第一趾関節腫脹
外傷に伴うやけど発赤、水疱、尿が少ない
捻挫腫脹、発赤、可動痛(動かすと痛い)
骨折骨の変形、動かすと痛む
脱臼関節変形、可動痛
アキレス腱断裂力を入れても動かない、押さえると痛む
突き指発赤、腫脹、可動痛(動かすと痛い)
骨の痛み骨腫瘍局所の鈍痛
オスグッド・シュラッター病膝下の痛み、飛び跳ねる運動で悪化
関節の痛み化膿性関節炎単関節のはれ、発熱
リウマチ熱発熱、多関節痛
関節リウマチ多関節痛、朝のこわばり
変形性関節症多関節痛
ペルテス病小児の股関節、血行障害
肘内障子どもの手を急に引っぱったとき
血管やリンパ管の病気閉塞性動脈硬化症下肢の冷感、歩行で痛みが増強
ビュルガー病(閉塞性血栓性血管炎)手足の冷感や痛み、血行不良、難治性潰瘍
リンパ管炎赤い線状のはれ
動脈塞栓症しびれ
血栓性静脈炎急な発赤、腫脹、圧迫で痛む